刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

俳句の上達法

俳句の上達法

鷹羽 狩行
杉浦 康平
谷村 彰彦

季節感をとらえる最適な季語は何か?どうすればううまく主題を伝えられるか?調べを整え、句の味わいを深めるにはどうするか?三百余りにおよぶ例句を題材に、具体的な添削と批評を加えながら、初心者がぶつかる実作上の悩みにアドバイス。ゆるぎない完成をめざすための秘訣集。正しく伝達するために――初心者の句には、意味がさっぱり分からないものから、意味は何となく分かるものの、もう一つ痒いところに手が届かないものまで、さまざまある。適切・正確な表現を欠くからであろう。ところで芭蕉の有名な句に――此の道や行く人なしに秋の暮 芭蕉 秋の暮にふさわしい孤独感・寂寥感が切々と胸を打ってくる句で、「此の道」はわが行く道、芭蕉の志す俳諧の道をも思わせる。この句とともに――人声やこの道かへる秋の暮 を人に示し、どちらがよいかと問うて「此の道や」がよいことになつたと『笈日記』に配している。――本書より

定価700円(税別)

ISBN9784061488823

オンライン書店で購入