刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

チームワークの心理学

チームワークの心理学

国分 康孝

職場の中で、クラスの中で、またクラブの中で、1人の人間がいくつもの集団に属する機会の多い今日、チームワークの原理を知らずして、集団目標達成は困難である。「仲間」から「組織」まで、集団になじむためのソーシャル・スキルとはなにか。集団目標から逸脱しやすいP偏向、A偏向、C偏向のワンパターン人間をどう克服するか。属する集団との対決、さらには訣別する場合の条件とはなにか。人とチームを組み、チーム内で自己を発現させつつ、根本にアイネス(個)の思想を保持する方法を探る。私心を去れ――チームワークとは自分の属する集団の目標達成のために、各自が黙々と自分の任務を遂行している状況のことである。仲間とけんかしてもよい。要は自分のなすべきことをきちんとすることである。それがチームワークである。たとえていえば、夫婦げんかが続いているときでも、1人は朝食を作り、他は外に稼ぎに出かけるのがチームワークである。人の和があり、なおかつチームワークがあればそれにこしたことはない。しかし、人の和があつても必ずしもチームワークがよいとは限らない。――本書より

定価640円(税別)

ISBN9784061457911

オンライン書店で購入