刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

朝鮮語のすすめ 日本語からの視点

朝鮮語のすすめ 日本語からの視点

渡辺 吉鎔
鈴木 孝夫

日本語の特色は――と聞かれたら、「日本語は、主語や動詞をよく省く。動詞が文末にくる。単・複の区別があいまい。関係代名詞がない。」などと答えるだろう。ところが、朝鮮語もまったく同じなのである。一方、日本人が「――ですが……」と語尾をにごすのは、切り口上を避けるためといわれるが、朝鮮語でも語尾をにごすにもかかわらず、韓国人は、きついことばを平気で使い、議論をつくすことをよしとする。本書は韓国育ち、在日十五年の気鋭の言語学者が、肌で感じた日・韓の文化の違いを通して、朝鮮語の面白さを紹介した読者待望の書。

定価700円(税別)

ISBN9784061456143

オンライン書店で購入