刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

創造の方法学

創造の方法学

高根 正昭

西欧文化の輸入に頼り、「いかに知るか」ではなく、「何を知るか」だけが重んじられてきた日本では、問題解決のための論理はいつも背後に退けられてきた。本書は、「なぜ」という問いかけから始まり、仮説を経験的事実の裏づけで、いかに検証していくかの道筋を提示していく。情報洪水のなかで、知的創造はいかにしたら可能なのだろうか。著者みずからの体験をとおして語る画期的な理論構築法が誕生した。(講談社現代新書)読み継がれて35年知的創造の技術を実体験から語ったロングセラー!知的創造とは何かそれは情報洪水のなかで、いかにしたら可能になるのか。「われわれは、科学における知的生産のための基本的なルールを、常識として、手に入れる必要があるのではないか。そして大学教育においても既成の知識の獲得よりは、むしろ新しい知識を自ら生み出す方法の訓練に、重点を置かなくてはならないのではないか。このような知的生産の時代をわが国によびおこすため、この書物が少しでも役に立てば、筆者としてこれに勝る喜びはない」(あとがきより)【目 次】1 方法論への道 知的創造とは何か2 問題をどうたてるか3 理論と経験とをつなぐ4 科学的説明とは何か5 数量的研究の方法6 全体像をどうつかむか7 現場の体験の生かし方8 ジャーナリズムに学ぶ9 方法論の一般理論へ 創造にむかって

定価740円(税別)

ISBN9784061455535

オンライン書店で購入