刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

須弥山と極楽 -仏教の宇宙観-

宗教

須弥山と極楽 -仏教の宇宙観-

定方 晟

須弥山とは高さ56万キロ、33人の天神が住む想像上の高峰である。紀元5世紀、インドで集大成された『倶舎論』は、この須弥山にはじまり、人間が宇宙をどう把えていたかを、詳細に描写している。本書は、この『倶舎論』を基礎に、仏教の宇宙観の変遷をさぐり、輪廻と解脱の2つの思想の誕生・発展の経緯を明らかにし、その現代的意味を説く。

定価700円(税別)

ISBN9784061157309

オンライン書店で購入