刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

地球温暖化はなぜ起こるのか

地球科学

地球温暖化はなぜ起こるのか

気候モデルで探る 過去・現在・未来の地球

真鍋 淑郎 プロフィール
アンソニー・J・ブロッコリー プロフィール
阿部 彩子
増田 耕一
宮本 寿代

地球温暖化、そして「気候の変動」の解明に迫る!
2021年、ノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎博士。この受賞は、「気候」という複雑系の物理分野に贈られた初のノーベル賞でもありました。その「気候、そして気候変動」という遠大な謎への挑戦が、本書では詳細に語られます。
真鍋博士が初期の研究で用いた大気層を18層に区分、その放射・対流を計算する「1次元の放射・対流モデル」からはじまり、成層圏や雲による太陽放射の反射率の変化、陸上と海上の違い、極域での氷の面積の変化、緯度・経度による変動や季節による変化。海洋の対流による深層への熱の移動、そして土壌や河川における水の循環まで。
2万年前の古気候を再現するというプロジェクトから始まった真鍋博士の挑戦は、やがて地球温暖化、そして、気候変動の仕組みを解明するモデルの研究へと発展し、精緻なシミュレーションを可能としました。 この研究の成果は、非常に高い精度で「地球温暖化」の予測を可能にしていることも知られています。シミュレーションの中で、CO₂の濃度を変化させていったときに、どのような結果が表れるのか。 その結果は、カラーの図とともに本書の随所でていねいに解説されています。地球温暖化とはなにか? それは、どう考えるべきものなのか? いま人類にとって、科学だけでなく、社会的な関心事でもある「地球温暖化」についての深い理解を得ることができます。
本書は、プリンストン大学での真鍋博士の講義をもとに構成されています。また、本書の監訳を担当した、増田耕一博士、阿部彩子博士も、真鍋先生が1983年に東京大学で行った講義や、その講義録で学んだ研究者でもあります。「気候変動」という大きな謎、そして地球温暖化という人類的な問題に挑む科学者の探求の軌跡として、21世紀を生きる私たちにとって必読の科学書の登場です。

定価1430円(税込)

ISBN9784065280812

※税込価格は、税額を自動計算の上、表示しています。ご購入に際しては販売店での販売価格をご確認ください。

オンライン書店で購入

記事一覧