刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

道具としての微分方程式 偏微分編

数学

道具としての微分方程式 偏微分編

式をつくり、解いて、「使える」ようになる

斎藤 恭一 プロフィール

するする読めて、なっとくできる《偏微分「超」入門》!
身近な現象から偏微分方程式を作り、解いて、味わう。数式のもつ物理的な意味がみるみるイメージできるようになり、読み終わる頃には「使える」ようになる。
研究・開発の現場で偏微分を使いこなしてきた著者が、ユーモラスにていねいに解説。
スイカを、冷蔵庫に何時間入れれば冷える?
お風呂に何分つかれば身体が温まる?
――偏微分が使えれば、身近な現象を具体的に表現できる!

【偏微分に"偏"見をもってしまっている人たちへ】
本書は、世界で最も、丁寧に、愛情をもって偏微分方程式を語っていると自負している。偏微分方程式は、まったく変でも偏でもなく、現実を表現できる便利な道具なんだということを、私は言いたかったのです。(本書より)

■おもな内容
プロローグ ちっとも変じゃない偏微分方程式
第1章 準備に時間がかかる偏微分方程式
第2章 つくるのがおもしろい偏微分方程式
第3章 つくるのがたいへんな偏微分方程式
第4章 ふしぎに解けていく偏微分方程式
第5章 解をグラフで味わう偏微分方程式

定価1200円(税別)

ISBN9784065179024

オンライン書店で購入