刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

天体衝突

宇宙・天文

天体衝突

斉一説から激変説へ地球、生命、文明史

松井 孝典

6550万年前、直径10~15kmの小惑星が、地表に対して約30度で、南南東の方向から地球に衝突した。衝突速度は秒速約20kmと推定されている。衝突地点周辺では時速1000kmを超える爆風が吹き、衝突の瞬間に発生する蒸気雲は1万度を超えた。この衝突によって引き起こされた地震はマグニチュード11以上と推定され、300mに達する津波が起こった。巻き上げられた塵が太陽光を遮り、「衝突の冬」が始まった。

定価980円(税別)

ISBN9784062578622

オンライン書店で購入