刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか

技術・工学

ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか

工学に立ちはだかる「究極の力学構造」

鈴森 康一

ワイヤ駆動のヒューマノイドが、実はウマにそっくりだった! 自走するお掃除ロボットは「生きた化石」に酷似していた! ガラスを割らずに掴むロボットハンドが似てしまった、人体の意外な一部とは? 技術の粋を詰め込んだ先端ロボットが、なぜか生き物の体構造に近づいていく――。工学の視点から初めて見えてくる「生体」の精巧な力学構造を解き明かし、生き物の限界を超えるロボット機構学の挑戦を語る。

定価880円(税別)

ISBN9784062577687

オンライン書店で購入