刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

生体電気信号とはなにか

医学・薬学・心理学

生体電気信号とはなにか

神経とシナプスの科学

杉 晴夫 プロフィール

神経を伝わる「流れないのに流れる」不思議な電流生体はどのように情報を処理しているのか?18世紀末、イタリアの物理学者ガルバニによって世界で初めて生体電気が発見された。しかし、その精妙極まる生体電気の謎が解明されるまでには、150年以上の歳月を必要とした。本書は、生理学の第一人者として知られる著者が偉大な科学者たちの足跡をたどりながら、私たちの体を飛び交う生体電気の原理を解説した力作である。脳科学、神経生理学の研究者のみならず、生命科学に関心がある学生や社会人、必読の書。

定価980円(税別)

ISBN9784062575232

オンライン書店で購入