刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

体の反射のふしぎ学

体の反射のふしぎ学

橘 滋国

「反射」は生命維持のための省エネ対策だった。日常的な行動は、いちいち大脳におうかがいをたてて決定しているのではない。その多くを反射神経が担当している。考えて結論を出す大脳皮質に対して、反射神経は思考不要で正しく判断する。大脳と反射神経──生命維持に不可欠なふたつの機構は、どのようにかかわりあっているのか。「反射」は「思考」以前に完成された、生物としての基本的な神経機構であって、膨大なエネルギーを消費する大脳皮質の活動をできるだけ省略するための、生命維持機構の省エネ対策である。熱いヤカンに触れた手を思わず引っ込めることから、懐かしい匂いが昔を思い起こさせるわけまで、反射のふしぎを身近な例で紹介する。

定価718円(税別)

ISBN9784062570367

オンライン書店で購入