刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

飛行機はなぜ落ちるか 設計者からみた航空システムの安全性

飛行機はなぜ落ちるか 設計者からみた航空システムの安全性

遠藤 浩

凍りついた翼が墜落を呼ぶことはわかった。では、それで事故はなくなったか?かつて、短中距離航空機の墜落事故が寒冷地で続出したことがあった。調査の結果、尾翼に氷が着き、失速したことがわかった。当時、主翼や、エンジンの空気取り入れ口の着氷のみが注目されていて、尾翼着氷はわからなかったのだ。その後、スウェーデンと旧ソ連の共同研究によって、この尾翼着氷のメカニズムは、ほぼ解明された。それにも関わらず、事故は繰り返すのである。たとえば1992年、ニューヨークで着氷による離陸失敗事故を起こしたUSエアのF28型機の場合、主翼、尾翼とも離陸中の防氷装置の使用を禁じられていたという。なぜだろうか……。

定価880円(税別)

ISBN9784062570190

オンライン書店で購入