刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

質量の起源

質量の起源

広瀬 立成

現代素粒子物理学の最前線からの報告!「時間」や「空間」とともに「質量」は物理学の基本概念である。物理学が対象とする物質が存在すればそこに質量もあると考えるのが当然だ。ところが、宇宙誕生の初期、すなわち物質生成のはじめには質量はなくて、物質の進化とともに質量を獲得したというのが現代物理学の結論だという。いったい質量がない物質とは何か、それがいかにして質量をもつようになったのか。現代素粒子物理学が明らかにした宇宙と物質のダイナミックな進化の姿を紹介しよう。

定価980円(税別)

ISBN9784062570046

オンライン書店で購入