刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

地球の守護神=成層圏オゾン なぜ減る?減るとどうなる?

地球の守護神=成層圏オゾン なぜ減る?減るとどうなる?

島崎 達夫
プラスM

100年後、人類は地球に生存できぬかもしれない……。フロンの本格的生産、使用が始まって以来、いまだ30年にしかならない。フロンによる全地球的規模の成層圏オゾンの破壊は100年以上たって、そのほんとうの結果が現われてくると予想されているので、現在、地球に住んでいるほとんどの人間にとって、それは自分たちや自分の子どもたちの受ける被害ではない。自分たちの孫、あるいはそれより後の世代の被る害である。今、フロンが大量に大気中に放出されるのを防止しなければ、孫の時代以後に、その莫大なツケがまわってくることになる。自分たちにはせいぜい子どもの世代までは責任があるが、孫たちの責任は子どもたちにとってもらえばよいといっていいだろうか?……(本書「おわりに」から)

定価854円(税別)

ISBN9784061328044

オンライン書店で購入