刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

人間にとって森林とは何か 荒廃をふせぎ再生の道を探る

人間にとって森林とは何か 荒廃をふせぎ再生の道を探る

菅原 聰
プラスM
高橋 常政
難波 公人

森林の危機は人類の危機のあらわれだ!森林の存在は、人間にとってどのような意味があるのだろうか?単に人間に“役に立つ”という考え方だけで、森林に接していてよいのだろうか?効用の面からだけ、森林を考えるのではなく、その効用の根源にある生命活動――光合成、生育、更新、そして土壌生成などに、もっと目を注ぐ必要があるだろう。森林の危機は、こうした森林の生命活動が危機に瀕していることを示すものであり、それは同時に人類の危機を示すものでもあるからだ。

定価900円(税別)

ISBN9784061327948

オンライン書店で購入