刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

超伝導の世界 なぜ起こる?どう使う?

超伝導の世界 なぜ起こる?どう使う?

大塚 泰一郎
プラスM

高温超伝導の歴史はいま始まる絶対零度付近である種の物質の電気抵抗がゼロになる超伝導現象はなぜ起こるのか。抵抗がなくなる仕組みはどんなものか。超伝導をもたらす電子対とはどうしてできるのか。なぜ極低温でなければならないのか……。発見以来46年間、謎を隠し続けた超伝導もBCS理論の登場によって解明されつくしたかに見えた。だがこの現象の奥は深い。1986年のミュラー、ベルドノルツ両博士による高臨界温度酸化物超伝導体の発見によって、超伝導は極低温の世界から室温の世界に近づき、新たな可能性と謎が姿を現したのである。

定価777円(税別)

ISBN9784061327078

オンライン書店で購入