刊行書籍一覧へ

刊行書籍情報

宇宙の終焉

宇宙・天文

宇宙の終焉

熱的死かブラックホールか

杉本 大一郎 プロフィール

我々の太陽もいずれは燃え尽き、冷たく暗い死を迎える。宇宙の他の星も、あるものは爆発して散り散りになり、あるものは白色矮星あるいは中性子星に、またあるものはブラックホールになる。
こうして広大な宇宙に存在する膨大な数の星が進化の果てにたどり着いた、そのまた遙か遠い先の未来……宇宙はいったいどうなるのだろう?
温度や物質分布が一様化した、なまぬるい、熱平衡状態──熱的死にいたるのか、それとも巨大なブラックホールに宇宙全体が呑み込まれるのか。そもそも宇宙の膨張はいつまで続くのか……。
本書は、これらの果てしない、まるで雲をつかむような疑問を受けて、それを追究するための道筋と宇宙の終末の姿とを、はじめて明瞭に描いて見せた、現代宇宙物理学の最先端の書である。

定価520円(税別)

ISBN9784061179561

オンライン書店で購入