九州産業大学教授
白川 豊
YUTAKA SHIRAKAWA

1950年、香川県生まれ。1975年、東京大学文学部卒業。1985年、東国大学校(韓国)大学院国語国文学科博士課程修了。九州大学文学部助手などを経て、1994年から九州産業大学国際文化学部教授(朝鮮近現代文学など担当)。

著書に『植民地期朝鮮の作家と日本』(大学教育出版)、『朝鮮近代の知日派作家、苦闘の軌跡』(勉誠出版)、『張赫宙研究』(東国大学校出版部)、訳書に『驟雨』(書肆侃侃房)、『三代』(平凡社)などがある。