立命館大学准教授
飯田 豊
YUTAKA IIDA

立命館大学産業社会学部准教授。専門はメディア論、メディア技術史、文化社会学。1979年、広島県生まれ。東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻 博士課程 単位取得退学。著書に『テレビが見世物だったころ ―初期テレビジョンの考古学』(青弓社、2016年)、共著に『メディア論』(放送大学教育振興会、2018年)、編著に『メディア技術史 ―デジタル社会の系譜と行方[改訂版]』(北樹出版、2017年)、共編著に『現代文化への社会学 ―90年代と「いま」を比較する』(北樹出版、2018年)、『現代メディア・イベント論 ―パブリック・ビューイングからゲーム実況まで』(勁草書房、2017年)などがある。