アイキュベータ代表
松田 雄馬
MATSUDA YUMA

1982年9月3日生まれ。大阪出身。博士(工学)。合同会社アイキュベータ代表。
京都大学卒業。同大学院修了後、2007年NEC中央研究所に入所。東北大学との脳型コンピュータプロジェクトを立ち上げ、2015年同研究にて博士号を取得し、その後独立。
2017年、“現場の知と技術の知の融合によって現場を豊かにする”ことを基本理念とし、AI/IoTを中心とした新規技術開発を行う合同会社アイキュベータを設立、同社共同代表に就任。また人工知能への誤解を解き、豊かな未来を創造するための情報発信としてテレビ・ラジオでも活躍中。
著書に『人工知能の哲学』(東海大学出版会)、『人工知能はなぜ椅子に座れないのか』(新潮社)がある。