玉川大学教授
岡本 裕一朗
YUICHIRO OKAMOTO

⽟川⼤学⽂学部哲学専⾨。1954年、福岡に⽣まれる。九州⼤学⼤学院⽂学研究科修了。博⼠(⽂学)。九州⼤学⽂学部助⼿を経て、現職。⻄洋の近現代思想を専⾨とするが、興味関⼼は幅広い。WIRED⽇本版のWIRED Business Bootcamp2017「哲学講座」の講師を務めたり、「Innovative City Forum 2017――⼈⼯知能時代のアートの役割」と題したセッションに登壇するなど、<哲学>と<テクノロジー>の領域横断的な研究をしている。著書に、⼈⼯知能や遺伝⼦⼯学など現代社会のさまざまな問題に対し、世界の哲学者たちの思考をまとめあげた『いま世界の哲学者が考えていること』(ダイヤモンド社)の他、『フランス現代思想史―構造主義からデリダ以後へ』(中公新書)、『思考実験―世界と哲学をつなぐ75問』(ちくま新書)、『12歳からの現代思想』(ちくま新書)、『モノ・サピエンス―物質化・単⼀化していく⼈類』(光⽂社新書)などがある。