名古屋大学准教授
日比 嘉高
YOSHITAKA HIBI

名古屋大学大学院人文学研究科 准教授。日本の近現代文学・文化論。文学研究に軸足を置きつつ、現代のネット環境や文化状況、大学改革問題などについても発言を行っている。著書に『「ポスト真実」の時代』(津田大介氏との共著、祥伝社2017)、『文学の歴史をどう書き直すのか』(笠間書院2016)、『いま、大学で何が起こっているのか』(ひつじ書房2015)、『ジャパニーズ・アメリカ』(新曜社2014)ほか。