ロシア研究者
西山 美久
YOSHIHISA NISHIYAMA

1985年長崎県生まれ。九州大学大学院比較社会文化学府博士後期課程単位修得退学。博士(比較社会文化九州大学、2016年)。サンクトペテルブルグ国立大学留学、日本学術振興会特別研究員、筑紫女学園大学、北九州市立大学、長崎県立大学の非常勤講師を務める。著書に『ロシアの愛国主義』(法政大学出版局)。主な業績に、「プーチン政権下における「愛国主義」政策の変遷――「カラー革命」と青年層」『ロシア・東欧研究』第39号(第2回ロシア・東欧学会研究奨励賞受賞)、「プーチン期における「愛国主義」政策の形成過程――連邦構成主体からのイニシアティヴに着目して」『政治研究』九州大学政治研究会、第60号、「現代ロシアの「愛国主義」と戦勝記念――名誉称号「軍事栄光都市」に着目して」『ロシア・ユーラシアの経済と社会』第1001号など。