元キックボクサー
佐藤 嘉洋
YOSHIHIRO SATO

中学時代にキックボクシングと出会い、1998年にアマチュア2連覇の実績をひっさげてプロデビュー。 以後17年間に渡りキックボクシングの世界タイトルを4階級制覇。 2005年~2010年までは別競技のK-1でも活躍。 2006・2007年日本トーナメントを連覇し、いずれも世界トーナメントベスト8進出。 2008年、魔裟斗との日本人頂上対決も実現し、世界トーナメント第3位。 2010年、世界トーナメント準優勝。 2007年からは実業家としての一面も持ち、現在はJKF(ジャパンキックボクシングフィットネス )と整体院、喫茶店を経営している。 また、少年時代から小説や漫画を書くことが好きで、その素質がTwitterで開花。 2013年、講談社からスカウトされ、『悩める男子に捧げる1001のローキック』で作家デビュー。 2015年、プロキックボクサーを引退。その珍しい経験から導かれた人生哲学を伝える側に回り、講演活動、社員研修講師など多数。 2016年、立ち技格闘技イベント『Krush名古屋大会』の大会実行委員長に。就任1年目にして大会史上最短記録でチケットソールドアウトを達成。2017年、日本キックボクシング選手協会を設立。2018年、新明解国語辞典第7版を完全読破。 日本キックボクシング選手協会を一般社団法人化。