愛媛大学教授
谷口 義明
YOSHIAKI TANIGUCHI

1954年、北海道生まれ。東北大学大学院博士課程修了(理学博士)。東京大学東京天文台助手、同大学天文学教育研究センター助手、東北大学大学院理学研究科天文学専攻助教授を経て、愛媛大学宇宙進化研究センター長・教授。銀河とクェーサーの形成と進化がメインテーマ。ヨーロッパ宇宙機関の赤外線宇宙天文台による原始銀河探査で、ダストに包まれた若い銀河を発見。すばる望遠鏡による原始銀河探査で128億光年彼方の形成途上の銀河を発見。著書『クェーサーの謎』『暗黒宇宙の謎』『宇宙進化の謎』(以上、講談社ブルーバックス)ほか多数