清水 寅
TSUYOSIH SHIMIZU

1980年長崎県生まれ。長崎県内の高校を卒業後、金融系の会社に就職後、20代で7社の社長を歴任。

その後、親戚からの勧めもあり脱サラ、2011 年より山形県天童市にてネギ農家を始める。2014年にねぎびとカンパニー株式会社を設立。同社代表。

「初代葱師」を名乗り、様々な苦難を乗り越え、2015 年に糖度 19.5 度、2017 年には21.6 度のネギを作り上げる。現在は、「真の葱」「寅ちゃんねぎ」「キスよりあまい ほうれん草」などブランド野菜を農地10haにて栽培。2019年より、300万本に10本しか取れない奇跡のネギ「モナリザ」の栽培に挑戦。同年山形県ベストアグリ賞受賞。

2020年からは全国のホームセンターにてネギ苗、タマネギ苗の販売も開始。日本の農業に一石を投じたいという夢を持ち、日々おいしい作物を育てている。

最新記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/