発達障害カウンセラー
吉濱 ツトム
TSUTOMU YOSHIHAMA

発達障害カウンセラー。幼少のころから自閉症、アスペルガーとして悲惨な人生を歩む。他人とコミュニケーションができない、強い不安や恐怖がある、劣等感が激しい、病気にかかりやすい、慢性疲労があるなどの症状に苦しむ。その後、発達障害の知識の習得に取り組み、あらゆるアスペルガー改善法を研究し、実地に試す。数年後、「典型的な症状」が半減。26歳、社会復帰。同じ障害で悩む人たちが口コミで相談に訪れるようになる。以後、みずからの体験をもとに知識と方法を体系化し、カウンセラーへ。個人セッションに加え、教育、医療、企業、NPO、公的機関からの相談を受けている。
著書に『発達障害と結婚』(イースト・プレス)、『発達障害の人のための上手に「人付き合い」ができるようになる本』(実務教育出版)、『見るだけでわかる! 大人の発達障害のための段取りノート術』(宝島社)などがある。

*お写真はAMAZONから拝借しています。『発達障害と結婚』以外の著書は、他のものに差し替え可能です(全体で3冊くらい想定)