ジャーナリスト
塚崎 朝子
ASAKO TSUKASAKI

読売新聞記者を経て、医学・医療、科学・技術分野を中心に執筆多数。国際基督教大学教養学部理学科卒業、筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修士課程修了。慶應義塾大学環境情報学部非常勤講師。
著書に『世界を救った日本の薬』『新薬に挑んだ日本人科学者たち』『慶應義塾大学病院の医師100人と学ぶ病気の予習帳』(講談社)、『iPS細胞はいつ患者に届くのか』(岩波科学ライブラリー)、『患者になった名医たちの選択』(朝日新書)などがある