広島大学教授
山田 俊弘
TOSHIHIRO YAMADA

1969年生まれ。大阪市立大学で理学の博士号を取得。熱帯林の生物多様性を専門とし、インドネシア、マレーシア、ミャンマーの熱帯林で研究中。2015年、日本生態学会大島賞受賞。著書に『絵でわかる進化のしくみ――種の誕生と消滅』(講談社サイエンティフィク)、論文を書くための科学の手順』(文一総合出版)がある。文一総合出版のウェッブマガジン『BuNa』(https://buna.info/runningstory/1263/)で、マラリアに罹った稀有な経験を伝えるエッセイを好評連載中。