株式会社酒文化研究所
山田 聡昭
TOSHIAKI YAMADA

1963年埼玉県生まれ。武蔵大学卒業。マーケティング企画会社を経て、1991年株式会社酒文化研究所の設立に参加。酒類業界専門のコンサルタントとして活動するほか一般向けのコラムも執筆。また、さまざまな酒類コンテストやプロモーションイベントを企画運営している。

酒文化研究所会員向けの機関誌『酒文化』の編集、発行(96年~)、WEBマガジン『さけ通信』を創刊(17年~)、アサヒビール『業務用酒販店ビジネストレンド』連載(15年~)に携わる。

著書に国税庁酒税課『経営改善計画実施マニュアル』2004年(共著)、酒文化研究所編『酒と水の話-マザーウォーター』紀伊国屋書店2003年(共著)、酒文化研究所編『酒席に役立つ読む肴』紀伊国屋書店2001年(共著)などがある。