日本科学未来館 科学コミュニケーター
山本 朋範
TOMONORI YAMAMOTO

サンショウウオの進化生態学が専門。湿地で泥、山道でサル、実験室で試薬とDNAにまみれて生命科学の博士号を取得。ネズミ、酵母、大腸菌、乳酸菌など、研究でお世話になった生物多数。企業の研究員、海外協力事業の現地調整員(フィリピン)、行政コンサルなどを経て、現職。経歴に反して英語よりも手話の方が得意なことから、バリアがあっても楽しめる未来館をつくる業務などにも従事。

日本科学未来館科学 コミュニケーターのスタッフブログはこちら http://blog.miraikan.jst.go.jp/author/t-yamamoto/