東京大学大学院理学系研究科天文学専攻教授
戸谷 友則
TOMONORI TOTANI

1971年、愛知県生まれ。1998年、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。国立天文台助手、プリンストン大学客員研究員、京都大学准教授などを経て、現在は東京大学大学院理学系研究科天文学専攻教授。専門は宇宙物理学、天文学(特に、宇宙論、銀河形成や高エネルギー天体物理学)。観測を意識した理論的な研究が主体。
著書に『新・天文学事典』(共著)、『宇宙の「果て」になにがあるのか』(いずれも講談社ブルーバックス)など。