立教大学ビジネススクール教授
沢柳 知彦
TOMOHIKO SAWAYANAGI

一橋大学経済学部卒、米国コーネル大学ホテル経営学部修士課程修了。財団法人宿泊施設活性化機構理事。経済産業省、文部科学省、総務省、観光庁、環境省の有識者会議委員を歴任。
1987年日本長期信用銀行入行。国内企業M&Aアドバイザリー業務を経て海外ホテル投資会社に出向。その後、外資系証券会社を経て2000年に外資系不動産会社・ジョーンズラングラサールのホテルズ&ホスピタリティグループ東京オフィスを開設し、日本における業務の代表に就任。同社日本法人の執行役員、取締役を歴任し、2020年6月退職。
マンダリンオリエンタル東京、リッツカールトン東京などの契約交渉支援、IHG-ANAホテルズグループのJV組成支援、ANAホテルポートフォリオ、トマムリゾートなどの売却支援を主導。
著作に、『米国ホテル会計基準』(税務経理協会、翻訳協力)『タイプ別ホテル事業の投資評価・再生実務資料集』(綜合ユニコム、共著)『ホスピタリティマネジメント―サービス競争力を高める理論とケーススタディ』(生産性出版、共著)など。