静岡大学名誉教授
小和田 哲男
TETSUO OWADA

1944年、静岡市生まれ。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了(文学博士)。静岡大学講師、助教授、教授を経て、現在、静岡大学名誉教授(日本中世史専攻)。戦国時代史研究の第一人者。
NHK「歴史秘話ヒストリア」「知恵泉」など歴史番組でのわかりやすい解説に定評がある。また、2020年「麒麟がくる」をはじめ、数多くのNHK大河ドラマでも時代考証を担当。著書に、『明智光秀・秀満』(ミネルヴァ書房)、『明智光秀と本能寺の変』(PHP研究所)、『戦国名将の本質 明智光秀謀反の真相に見るリーダーの条件』(毎日新聞出版)ほか多数。