プロランニングコーチ・解説者
金 哲彦
TETSUHIKO KIN

1964年福岡県生まれ。早稲田大学時代は箱根駅伝で活躍し、2度の優勝に貢献。現役引退後は、リクルートの陸上競技部で小出義雄監督とともに、有森裕子、高橋尚子などの選手を育てる。現在はプロ・ランニングコーチとして幅広い層を指導するとともに、駅伝・マラソン解説者としてTV・ラジオなどでおなじみの存在。東京マラソン財団理事も務める。『実践・体幹ランニング DVD付き』(講談社)など著書多数。