日本大学文理学部教授
広田 照幸
TERUYUKI HIROTA

日本大学文理学部教授。1959年、広島県東城町(現庄原市)生まれ。南山大学助教授、東京大学教授などを経て、現職。幅広く近現代の教育を研究しながら、現代の教育改革についても考察を進めている。著書に『日本人のしつけは衰退したか』(講談社)、『陸軍将校の教育社会史』(世織書房、サントリー学芸賞)、『思考のフロンティア 教育』(岩波書店)、『格差・秩序不安と教育』(世織書房)、『教育は何をなすべきか―能力・職業・市民―』(岩波書店)など多数。