心理カウンセラー
中島 輝
TERU NAKASHIMA

自己肯定感の第一人者/心理カウンセラー/トリエ代表/肯定心理学協会代表。5歳で里親の夜逃げという喪失体験をし、9歳ごろから、HSP、双極性障害、パニック障害、統合失調症、強迫性障害、不安神経症、潰瘍性大腸炎、斜視、過呼吸、認知症、円形脱毛症に苦しむ。25歳で背負った巨額の借金がきっかけでパニック障害と過呼吸発作が悪化。10年間実家に引きこもりつつ、代表取締役としてグループ会社を運営。自殺未遂を繰り返すような困難な精神状況のなか、独学で学んだセラピー・カウンセリング・コーチングを実践し続ける。10年間後、「恩師の死」がきっかけとなり35歳で克服。その後、30年間の人体実験と独学で習得した技法を用いたカウンセリングとコーチングを24時間365日10年間実践。自殺未遂の現場にも立ち会うような重度の方、Jリーガー、上場企業の経営者など1万5000人を超えるクライアントにカウンセリングを行い、回復率95%、6ヵ月800人以上の予約待ちに。「奇跡の心理カウンセラー」と呼ばれメディア出演オファーも殺到。現在は自己肯定感を全ての人に伝え、自立した生き方を推奨する肯定心理学協会を設立し、 新しい生き方を探求する「輝塾」や「自己肯定感カウンセラー講座」「自己肯定感ノート講座」「自己肯定感コーチング講座」 「HSPカウンセラー講座」などを主催し、週末の講座は毎回満席。インスタグラムフォロワー11万人。ラインブログは文化人6位とSNSでも話題沸騰中。著書にはベストセラーとなった『自己肯定感の教科書』(SBクリエイティブ)など多数。