大阪大学大学院教授
吉森 保
TAMOTSU YOSHIMORI

大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科教授。医学博士。大阪大学栄誉教授。生命機能研究科長。紫綬褒章、文部科学大臣表彰科学技術賞、上原賞、Highly Cited Researchers 2014, 2015, 2019、持田記念学術賞他を受賞。専門は分子細胞生物学。ノーベル賞受賞の大隅良典博士と共にオートファジー分野を開拓した。論文総被引用数が、分子生物学領域で国内2位、世界22位。ラバーダック蒐集、トレイルランニング、焚き火、靴磨き、C2H5OHなどを好む。