東京外国語大学特任講師
小野寺 拓也
TAKUYA ONODERA

1975年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。現在、東京外国語大学世界言語社会教育センター特任講師。専門はドイツ現代史。著書に『野戦郵便から読み解く「ふつうのドイツ兵」―第二次世界大戦末期におけるイデオロギーと「主体性」』山川出版社、2012)、訳書にS・ナイツェル/H・ヴェルツァー『兵士というもの―ドイツ兵捕虜盗聴記録に見る戦争の心理』(みすず書房、2018)、A・ヴィルシングほか『ナチズムは再来するのか?―民主主義をめぐるヴァイマル共和国の教訓』慶應義塾大学出版会、2019、板橋拓己との共監訳)などがある。