経済アナリスト 獨協大学経済学部教授
森永 卓郎
TAKURO MORINAGA

1957年7月12日生まれ。東京都出身。経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。東京大学経済学部卒業。日本専売公社、経済企画庁、UFJ総合研究所などを経て現職。計量経済、労働経済などが専門。ミニチュアカー、空き缶などのコレクターとしても知られる。主な著書に『なぜ日本だけが成長できないのか』『消費税は下げられる!』『雇用破壊』『親子ゼニ問答(森永康平氏との共著)』(角川新書)、『年収200万円でもたのしく暮らせます』(PHPビジネス新書)、『グローバル資本主義の終わりとガンディーの経済学』(インターナショナ ル新書)など。『年収300万円時代を生き抜く経済学』 (光文社)では、“年収300万円時代” の到来をいち早く予測した。執筆のほか、テレビやラジオ、雑誌、講演などでも活躍中。50年間集めてきたコレクションを展示するB宝館が話題に(所在地:埼玉県所沢市けやき台2-32-5)。

B宝館オフィシャルサイト http://www.ab.cyberhome.ne.jp/~morinaga/