医学博士
櫻井 武
TAKESHI SAKURAI

1964年東京生まれ。筑波大学大学院医学研究科修了。筑波大学基礎医学系講師・助教授、テキサス大学ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、筑波大学大学院人間総合科学研究科准教授などを経て、金沢大学医薬保健研究域医学系教授。医師、医学博士。日本睡眠学会理事も務める。
1998年、覚醒を制御する神経ペプチド「オレキシン」を発見。睡眠・覚醒機構や摂食行動の制御機構、情動の制御機構の解明をめざして研究を行っている。
第11回つくば奨励賞、第14回安藤百福賞大賞、第65回中日文化賞、平成25年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)受賞。
著書に『睡眠の科学』『食欲の科学』(以上、講談社ブルーバックス)、『〈眠り〉をめぐるミステリー』(NHK出版新書)がある。