作家・UMA研究家
中沢 健
TAKESHI NAKAZAWA

2009年に小説『初恋芸人』で作家デビュー。2016年には小学館で文庫化、NHK BSプレミアムで連続ドラマ化される。ほか、『キモイマン』(小学館)『茨城の妖怪図鑑』(TOブックス)『平成特撮世代』(洋泉社)など著書多数。円谷プロの特撮番組『ウルトラゾーン』やインドネシアの特撮ヒーロー番組『ガルーダの戦士ビマ』の脚本も手掛けている。UMA研究家としても活動しており、『ビートたけしの超常現象Xファイル』(テレビ朝日)や『緊急検証!シリーズ』(ファミリー劇場)などの番組にコメンテーターとして出演する他、自身のyoutubeチャンネルでもUMA情報を発信し続けている。

最新記事