立命館大学古気候学研究センター長
中川 毅
TAKESHI NAKAGAWA

1968年、東京都生まれ。1992年、京都大学理学部卒業。1998年、エクス・マルセイユ第三大学(フランス)博士課程修了。Docteur en Sciences(理学博士)。国際日本文化研究センター助手、ニューカッスル大学(英国)教授などを経て、現在は立命館大学古気候学研究センター長。専攻は古気候学、地質年代学。趣味はオリジナル実験機器の発明。主に年縞堆積物の花粉分析を通して、過去の気候変動の「タイミング」と「スピード」を解明することをめざしている。
著書『人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか』(ブルーバックス、第33回講談社科学出版賞)ほか。