株式会社カレー総合研究所
井上 岳久
TAKEHISA INOUE

戦略PRコンサルタント、株式会社カレー総合研究所代表取締役、事業創造大学院大学客員教授、マーケティングPRプランナー。最先端のマーケティング戦略「マーケティングPR」研究及び実践の第一人者。

1968年生まれ。慶應義塾大学経済学部、法政大学法学部卒業。商社などに勤務後、横濱カレーミュージアム・プロデューサーを経て現職に至る。横濱カレーミュージアムの立ち上げから携わり、2002年11月に代表に就任し、入館者数減少に悩む同館をわずか1年で復活に導く。年100回以上のイベントを実施し週2~3回のリリースを配信するという独自のPR理論に基づいて実施し大成功を収める。

06年11月に退任。以降、マーケティングPR手法を講演やコンサルティングで企業や官公庁に指導している。現在はマーケティングPRに特化した日本で数少ないコンサルタント及びマーケティングプランナーとして活躍。PRを核にプロモーション戦略を遂行する次世代にふさわしい最新のマーケティングを構築し実践している。
 
また、カレー研究の第一人者としても知られ、カレーの文化や歴史、栄養学、地域的特色、レトルトカレーなどカレー全般に精通しており、カレー業界全体のPRするため「株式会社カレー総合研究所」を設立し、代表取締役を務めている。スープカレーやフレンチカレー、白カレー、カレー鍋、キーマカレー、朝カレーなどのカレーブームを巻き起こしたことでも有名である。テレビや新聞、雑誌などへの出演は年間100回以上。

著書は20冊以上、近著に『CURRY BIBLE(カレーバイブル)』(ごきげんビジネス出版)、
『カレーの世界史』(SBビジュアル新書)など。