武田 砂鉄
SATETSU TAKEDA

'82年、東京都生まれ。大学卒業後、出版社でノンフィクションの編集などに携わり、'14年よりフリー。『紋切型社会』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。著書に『芸能人寛容論』『コンプレックス文化論』『日本の気配』、共著に『せいのめざめ』『平成遺産』など