慶應義塾大学教授
前野 隆司
TAKASHI MAENO

1962年、山口県生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。博士(工学)。キヤノン株式会社を経て、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、ハーバード大学客員教授、慶應義塾大学理工学部教授などを歴任。現在、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授。ロボットや脳科学の研究を出発点として、心理学、社会学、哲学まで、分野を横断して研究しつつ、幸福学・感動学の日本の第一人者として、個人や企業、地域と、各フェーズで活動。著書に、『脳はなぜ「心」を作ったのか 「私」の謎を解く受動意識仮説』(ちくま文庫)、『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門』、『感動のメカニズム 心を動かすWork & Lifeのつくり方』(ともに講談社現代新書)、『幸せな職場の経営学 「働きたくてたまらないチーム」の作り方』(小学館)など多数。