経済学者
門倉 貴史
TAKASHI KADOKURA

1971年、神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、浜銀総合研究所の研究員を経て、第一生命経済研究所の経済調査部主任エコノミストに就任。退社後BRICs経済研究所代表として、国内外の経済に関する著書や雑誌への執筆、講演活動を積極的に行っている。日本で初めて地下経済の研究に取り組み、地下経済に関する著作も多数発表している。またワーキングプアの啓蒙書も多数発表。BRICsに続く経済発展が見込まれる国々として、ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチンを総称したVISTAという造語を提唱した。テレビ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系列)などメディア出演も多数。
おもな著書に『日本の「地下経済」最新白書』(SBクリエイティブ)、『世界の[下半身]経済がわかる本』(方丈社)、『貧困ビジネス』(幻冬舎)などがある。