美容ジャーナリスト
山崎 多賀子
TAKAKO YAMAZAKI

美容ジャーナリスト。NPO法人CNJ認定 乳がん体験者コーディネーター。NPO法人キャンサーリボンズ理事。2005年に乳がんが発覚し、右乳房を全摘出し乳房再建。抗がん剤、分子標的薬、ホルモン療法を受ける。抗がん剤による脱毛の経験から「心と外見と社会の関係」を見直し、各地でアピアランス(外見)ケアについて講演、病院などでのメイクセミナー、がんに関する取材執筆も多く手がける。NPO法人女性医療ネットワークにて、女性の乳房の健康を応援する「マンマチアー委員会」を仲間と設立。毎月無料セミナーを開催し、11月で百回を迎える。

●マンマチアー委員会

http://cnet.gr.jp/mamma/

●動画「治療中でも元気に見えるメイクのコツ」

http://www.cancernet.jp/seikatsu/appearance/