木島 泰三
TAIZOU KIJIMA

1969年生まれ。法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程満期退学。法政大学非常勤講師。2019年に博士(哲学)の学位取得。専門はスピノザおよびホッブズを中心にした西洋近世哲学。ダニエル・デネットの思想を中心にした現代の自然主義的人間観の問題や、進化論の受容史などについても論じている。主な論文に「スピノザにおける想像――想像対象に対するアクチュアリストの位置づけ」(『フランス哲学・思想研究』第二四号、2019年)ほか。単著に『自由意志の向こう側 決定論をめぐる哲学史』。共著に『原子論の可能性――近現代哲学における古代的思惟の反響』(田上孝一・本郷朝香編、法政大学出版局、2018年)ほか。翻訳書にキース・E・スタノヴィッチ『現代世界における意思決定と合理性』(太田出版、2017年)、ダニエル・C・デネット『心の進化を解明する――バクテリアからバッハへ』(青土社、2018年)ほか。