アーティスト/イラストレーター
松尾 たいこ
TAIKO MATSUO

アーティスト/イラストレーター 広島県呉市生まれ。約10年の自動車メーカー勤務を経て32歳で上京。1998年よりイラストレーターに転身。大手企業の広告などにも多く作品を提供、手がけた本の表紙装画は300冊を超える。角田光代や江國香織との共著やエッセイも出版。単著に『35歳から私が輝くために捨てるもの』『クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない!そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと』などがある。最新作は自らのペットとの別れを元にした絵本「きっとそこにいるから」。イラストエッセイ『出雲IZUMOで幸せ結び』(小学館)『古事記ゆる神様100図鑑』(講談社)を発表するなど、神社や古事記にまつわる仕事も多い。それらの経験を通じ、火・風・水・土など森羅万象に神が宿るという古代日本の概念に共感し作品での表現を追求中。現在、東京・軽井沢・福井の三ヶ所を拠点に活動している。

インスタグラム https://www.instagram.com/taikomatsuo/

公式サイト https://www.taikomatsuo.com/

最新記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/